ジャカルタ・コタ・トゥア・バタビア旧市街を訪問

ジャカルタ、インドネシア

ビジット オールド タウン ジャカルタ コタ トゥア バタビアについて

「バタビアの旧市街」とも呼ばれるコタ トゥアは、ジャカルタの豊かな植民地時代の過去の歴史的証拠となっています。かつてオランダ植民地統治の中心地であったこの街の保存地域は、保存状態の良い建築物と石畳の通りが特徴で、ジャカルタの他の地域を支配する現代の高層ビルとは際立ったコントラストを見せています。訪問者は、ノスタルジックな雰囲気と美しく修復されたオランダの建物を眺めながらこのエリアを散策できます。その多くは現在博物館、カフェ、アート スペースとして機能しています。有名なランドマークには、旧市庁舎にあるジャカルタ歴史博物館や、ジャワの人形劇を専門とするワヤン博物館などがあります。ファタヒラ広場として知られる中央広場は、旧市街の歴史的な魅力に囲まれ、地元の人々や観光客が集まる活気のある中心地です。コタ トゥアの探索は、ジャカルタを今日の賑やかな大都市に形作った文化と歴史の融合を体験し、過去にタイムスリップするユニークな機会を提供します。

    • 冒険
    • 安い
    • 無料
    • 歴史
    • 博物館
    • フォトスポット
    • 観光名所